東芝デジタルソリューションズ株式会社本文へジャンプ

ヘルプ 別ウィンドウで開きます

The翻訳シリーズ

The翻訳 サービス・ステーション/充実のサポートをご提供いたします。The翻訳サポートセンタ e-mail:honyaku@toshiba-sol.co.jp

購入後FAQ 動作編

  • 質問内容

辞書をサーバ上で共有した場合、特定の人だけが辞書登録できるようにすることはできますか?

回答

はい、できます。

The翻訳プロフェッショナル/The翻訳プレミアムでは、ユーザ共有辞書を共有するにあたっての権限(参照のみ、編集可能)を各辞書ごと、各マシンごとに設定することができます。
次のように操作します。 ただし、編集可能なクライアントのみが操作できます。

  1. [ファイル]-->[新辞書作成]または[辞書追加]で辞書を選びます。
  2. 「参照可能なクライアント」と「編集可能なクライアント」を指定します。
  3. [OK]ボタンをクリックします。
  • 質問内容

日英で詳細を設定した辞書データを英日でも使いたいのですが、英日/日英同時に辞書登録を行なうことはできますか?

回答

英日/日英同時に辞書登録を行なうことはできません。

ただし、名詞のみの登録であれば次の方法で行なうことができます。
お使いのバージョンによって、操作方法が異なります。

The翻訳プレミアムおよびThe翻訳プロフェッショナルV7.0以降のバージョン

  1. [辞書内容出力]でCSV形式のファイルで出力します。
  2. 手順 1 で出力したファイルを編集し、名詞のみに対してA列に見出し語、B列に訳語という形にして、CSV形式で保存します。
  3. [インテリジェント辞書登録]機能で、手順2で保存した用語リストを呼び出します。
  4. [翻訳方向切替]リストボックスで、翻訳方向を切り替えます。
  5. [辞書登録]で登録します。

The翻訳プロフェッショナルV6.0以前のバージョン

  1. [辞書内容出力]でCSV形式のファイルで出力します。
  2. 手順1で出力したファイルを編集し、名詞のみに対してA列に原語、B列に訳語という形にして、CSV形式で保存します。
    このファイルが「用語リスト」です。
  3. [辞書構築支援]機能で、手順2で保存した用語リストを呼び出します。
  4. [用語リスト]-->[見出し語・訳語入れ替え]を選び、原語と訳語を入れ替えます。
  5. [辞書登録]で登録します。
  • 質問内容

辞書一覧編集機能で品詞を変更できますか?

回答

できません。

The翻訳プロフェッショナル、The翻訳プレミアムのユーザ辞書登録では、品詞が変わると新規の見出し語として扱われますので、品詞を変更する場合は新規登録する必要があります。
新規登録し、変更前の品詞が不要な場合は、削除してください。

  • 質問内容

用語リストから一括辞書登録する方法は?

回答

お使いのバージョンによって、操作方法が異なります。
The翻訳プレミアムおよびThe翻訳プロフェッショナルV7.0以降のバージョンでは、CSV形式の用語リストファイルを作成して、[インテリジェント辞書登録]で辞書登録します。
The翻訳プロフェッショナルV6.0以前のバージョンでは、CSV形式の用語リストファイルを作成して、辞書構築支援機能で辞書登録します。

ユーザ辞書登録では、品詞が変わると新規の見出し語として扱われますので、品詞を変更する場合は新規登録する必要があります。
新規登録し、変更前の品詞が不要な場合は、削除してください。

The翻訳プレミアムおよびThe翻訳プロフェッショナルV7.0以降のバージョン

用語リストの作りかた

Excelなどを使って、A列に英単語、B列にその単語に対応する日本語を入力し、CSV形式で保存します。

辞書構築支援での登録のしかた

  1. [スタート]-->[プログラム]-->[The翻訳プロフェッショナル]-->[辞書編集パレット]を選びます。
  2. 「辞書編集パレット」画面の[インテリジェント辞書登録]ボタンをクリックします。
  3. [ファイル]-->[開く]を選びます。
  4. ファイル名を指定して、[開く]ボタンをクリックします。
    -->用語ウィンドウに用語リストが読み込まれます。
  5. [ユーザ辞書リストボックス]で登録先のユーザ辞書を選択します。
  6. [辞書登録]ボタンをクリックします。
    -->一括辞書登録が始まります。

The翻訳プロフェッショナルV6.0以前のバージョン

用語リストの作りかた

Excelなどを使って、A列に英単語、B列にその単語に対応する日本語を入力し、CSV形式で保存します。

辞書構築支援での登録のしかた

  1. [スタート]-->[プログラム]-->[The翻訳プロフェッショナル]-->[辞書ユーティリティランチャー]を選びます。
  2. 「辞書ユーティリティランチャー」画面の[構築支援]ボタンをクリックします。
  3. [用語リスト]-->[用語の読み込み]を選びます。
  4. ファイル名を指定して、[開く]ボタンをクリックします。
    -->用語ウィンドウに用語リストが読み込まれます。
  5. [辞書]-->[辞書登録]を選びます。
  6. 「辞書名」リストから、登録先の辞書を選びます。
  7. 「ファイル出力」の「一括辞書登録用データをファイルに出力する」のチェックボックスをオンにして、ファイル名を入力します。
  8. [実行]ボタンをクリックします。
    -->一括辞書登録が始まります。

また、ユーザ辞書とメモリ辞書に対しては、一括登録/削除機能で登録することもできます。
詳細は、『操作説明書』を参照してください。

  • 質問内容

基本用語辞書と学習辞書の内容の一覧を表示できますか?

回答

基本用語辞書の内容は表示できません。 The翻訳プロフェッショナル、The翻訳プレミアムでは、ユーザ辞書、学習辞書、優先度辞書、メモリ辞書の内容を表示できます。

表示するには、次のいずれかの方法で操作します。

  1. The翻訳シンプルナビの辞書メニューにある[辞書編集パレット](The翻訳シンプルナビがないバージョンでは[スタート]-->[プログラム]-->[The翻訳プロフェッショナル]-->[辞書編集パレット])(The翻訳プロフェッショナルV6.0以前の場合は[辞書ユーティリティランチャー])を選びます。
  2. 「辞書編集パレット」画面(The翻訳プロフェッショナルV6.0以前の場合は[辞書ユーティリティランチャー]画面)の[内容出力]ボタンをクリックします。
    -->「辞書内容出力」画面が表示されます。
  3. 学習辞書を選び、実行します。
    -->指定したファイルに学習辞書の内容が出力されます。

手順3で「ファイルタイプに関連づけられたアプリケーションに表示する」のチェックボックスをチェックしてオンにすると、メモ帳などに出力結果を表示することもできます。

  • 質問内容

翻訳メモリ辞書(拡張子tmd)とは何ですか?

回答

メモリ辞書は、原文・訳文のペアを文単位で登録する辞書です。

翻訳時に、メモリ辞書に登録した文と完全に一致する文があれば、登録した訳文がそのまま翻訳結果となるので、原文に決まり文句が多い場合に有効です。

※翻訳メモリ辞書に登録を行えるのは、The翻訳プロフェッショナル、The翻訳プレミアムのみです。

  • 質問内容

メモリ登録と単語登録は、どう違うのですか?

回答

メモリ登録は、一文をまるごと登録する機能で、原文の一文がメモリ登録内容と完全に一致する場合に訳文に適用されます。類似文検索では、メモリ登録した文の中から類似文が検索されます。

単語登録は、単語や熟語をユーザ辞書に登録する機能です。登録した単語や熟語が原文中にあれば、翻訳時に登録した単語や熟語が優先され翻訳されます。ただし、前後の単語との兼ね合いから、原文によっては登録した訳語が訳文に反映されない場合もあります(The翻訳プロフェッショナル、The翻訳プレミアムの場合)。

  • 質問内容

翻訳メモリ辞書の原文・訳文の文字数に制限はありますか?

回答

はい、あります。
次のように最大文字数が決まっています。

翻訳メモリ辞書の原文・訳文の文字数制限
英日 原文: 1,000文字まで(すべて半角)
訳文: 500文字まで(すべて全角)
日英 原文: 500文字まで(すべて全角)
訳文: 1,000文字まで(すべて半角)

※翻訳メモリ辞書に登録を行えるのは、The翻訳プロフェッショナル、The翻訳プレミアムのみです。

  • 質問内容

翻訳メモリ辞書の登録方法は?

回答

メモリ辞書に文を登録するには、次のいずれかの方法で操作します。

「対話翻訳」画面での登録のしかた

  1. 「対話翻訳」画面で、原文とそれに対応する訳文を作成します。
  2. 登録する原文にカーソルを置きます。
  3. [辞書]-->[翻訳メモリ]-->[登録・修正]を選びます。
  4. 確認画面で[OK]ボタンをクリックします。

一括登録/削除機能での登録のしかた

  1. 原文と訳文が対になったファイルをCSV形式、TTP形式、AFW形式、テキスト形式、TMX形式のいずれかの形式で作成します。
  2. The翻訳シンプルナビの辞書メニューにある[辞書編集パレット](The翻訳シンプルナビがないバージョンでは[スタート]-->[プログラム]-->[The翻訳プロフェッショナル]-->[辞書編集パレット])(The翻訳プロフェッショナルV6.0以前の場合は[辞書ユーティリティランチャー])の[一括登録削除]ボタンをクリックします。
  3. 「処理内容」の「登録」のラジオボタンをクリックしてオンにします。
  4. 「辞書タイプ」のリストで、「メモリ辞書」をクリックします。
  5. 「辞書名」のリストで、辞書名を選びます。
  6. 「登録データ」の「ファイルタイプ」のリストで、ファイル形式を選び、「ファイル名」のテキストボックスに手順1で作成したファイル名を入力します。
  7. [実行]ボタンをクリックします。
  8. 確認画面で、[はい]ボタンをクリックします。
  • 質問内容

翻訳メモリ翻訳で、原文に「翻訳不要句」「並列句」「挿入句」を指定して登録すると、正しく翻訳されません。なぜですか?

回答

The翻訳 2007 プレミアム/The翻訳プロフェッショナルV11以前の場合は、「翻訳不要句」「並列句」「挿入句」を設定している場合、メモリ翻訳はできません。

  • 質問内容

翻訳メモリ辞書のバックアップ方法は?

回答

The翻訳のバージョンによって異なります。

The翻訳プレミアムまたはThe翻訳プロフェッショナルV8.0以降

「翻訳環境設定」→「辞書」画面の「バックアップ」ボタンを使用するとメモリ辞書を含めた編集辞書をバックアップできます。詳しくは、操作説明書などで確認してください。

The翻訳プロフェッショナルV7.0以前のバージョン

エクスプローラで、次のファイルを別フォルダやメディアにコピーしてください。ファイル名およびファイル(メモリ辞書)が存在するフォルダはバージョンによって異なります。

The翻訳プロフェッショナルV7.0

  • メモリ辞書ファイル名
    *.tmd 、*.tmd2 、*.tmd3 、*.tmd4
  • メモリ辞書フォルダ
    英日:The翻訳のデータ格納フォルダ¥EJ¥SYS¥Dic¥ej¥tm2_usr
    日英:The翻訳のデータ格納フォルダ¥JE¥SYS¥Dic¥je¥tm2_usr

The翻訳プロフェッショナルV6.0

  • メモリ辞書ファイル名
    *.tmd 、*.tmd2 、*.tmd3 、*.tmd4
  • メモリ辞書フォルダ
    英日:The翻訳のインストールフォルダ¥EJ¥SYS¥Dic¥ej¥tm2_usr
    日英:The翻訳のインストールフォルダ¥JE¥SYS¥Dic¥je¥tm2_usr

The翻訳プロフェッショナルV5.0

  • メモリ辞書ファイル名
    *.etm 、*.etmx 、*jtm、*jtmx
  • メモリ辞書フォルダ
    英日:The翻訳のインストールフォルダ¥EJ¥SYS¥Dic¥Ej
    日英:The翻訳のインストールフォルダ¥JE¥SYS¥Dic¥Je
  • 質問内容

翻訳メモリ辞書の容量に制限はありますか?

回答

辞書のサイズは最大2GBまでです。

※翻訳メモリ辞書に登録を行えるのは、The翻訳プロフェッショナル、The翻訳プレミアムのみです。

動作編トップへ
購入後FAQトップへ

このページのトップへ
Copyright