東芝デジタルソリューションズ株式会社本文へジャンプ

ヘルプ 別ウィンドウで開きます

The翻訳シリーズ

翻訳ソフト トップへ戻る

The翻訳プロフェッショナル V15 翻訳エンジンと翻訳メモリの両面から業務文書の翻訳を支える、The翻訳プロフェッショナル V15

購入前FAQ

ご購入後の疑問点やインストール、動作に関するご質問などについては、「The翻訳 サービス・ステーション」内の「購入後FAQ」をご覧下さい。

商品情報

Q. The翻訳シリーズの各商品は、どこが違うのですか?

A. おもに次のような違いがあります。詳しくは各商品のページなどをご覧下さい。

商品ごとの機能比較は こちら(別ウィンドウで開きます)

・The翻訳The翻訳プロフェッショナル V15
翻訳メモリの編集機能を備えた使い勝手のよい対話翻訳機能の他、辞書をカスタマイズしたり、翻訳メモリ機能を使って翻訳結果を自分のスタイルに合わせて行くことができるなど、翻訳業務に必要な機能を備えています。

・The翻訳プロフェッショナル V15 専門辞書パック
The翻訳プロフェッショナル V15に加えて、17種類の英日/日英専門用語辞書や4種類の翻訳メモリ辞書を搭載し、専門性の高い分野の翻訳に対応しています。

・The翻訳プロフェッショナル V15 特許エディション
The翻訳プロフェッショナル V15 専門辞書パックに加えて、特許翻訳用の解析機能や辞書・用例を搭載しているため、特許明細書等の翻訳に向いています。

Q. The翻訳プロフェッショナル V15で追加された機能は何ですか?

A.
前バージョン(The翻訳 2009 プレミアム)と比較した主な強化項目は以下の通りです。

・SDL Trados Studio 連携翻訳
翻訳メモリツールSDL Trados StudioにPC用翻訳ソフトとして初めて連携を実現しました。翻訳メモリデータがない場合でもThe翻訳の訳文を用例と同様に表示できます。

・セレクトコーパス翻訳の強化
既に所有している文書から単語の使用方法を学習する「セレクトコーパス翻訳」をさらに強化し、これまで名詞だけであった適用範囲を動詞にも拡張しました。これにより同じ訳語の動詞形と名詞形で表現を合わせることができ、文書の用語統一を一層図れるようになりました。

・The翻訳エンタープライズとの辞書の一元管理
辞書共有機能を利用して、サーバ型翻訳ソフトThe翻訳エンタープライズとの辞書の一元管理が可能になりました。

Q. 翻訳精度は商品によって違うのですか?

A. 翻訳を実際に行うプログラム(翻訳エンジン)は同じものを使っていますので、同時期に発売された商品では基本的には同じ翻訳精度が得られます。ただし、シリーズ上位の製品は辞書登録や学習機能が充実しているため、翻訳結果を自分に合わせて向上させることができます。

Q. Microsoft® Officeがなくても使えますか?

A. 使えます。Microsoft® Officeがなくても、問題なくインストールできます。またオフィス連携翻訳機能以外であれば、Microsoft® Officeがなくてもお使いいただけます。

Q.ユーザ辞書にはいくつまで用語が登録できますか?

A.ユーザ辞書には20万語まで登録できます。ただし、登録語句の内容によっては、上限が20万語を下回る場合があります。

Q.The翻訳シリーズをサーバにインストールして、複数のクライアントから利用できますか?

A.複数クライアントから商品をご利用いただくことはできませんので、各マシンにThe翻訳をインストールしてご利用ください。

Q. フローティングライセンスはありますか?

A.ありません。複数マシンで使用するために、マシン台数分のライセンスをご購入できます。
この場合、通常のパッケージ商品1本をお買い求めいただき、追加で必要なライセンスを購入できる追加ライセンスがありますので、ご検討下さい。

Q. Windows® 7で使用できますか?

A.The翻訳プロフェッショナルV15シリーズは使用いただけます。また、The翻訳2009シリーズでは、サービスパッチの適用により、一部の機能を除きご使用いただけます。詳細は「購入後FAQ」をご覧ください。

環境編

Q.ハードディスクの空き容量はどのくらい必要ですか?

A.商品によって異なります。「仕様・機能比較」−「動作環境」のページ、「ディスク」をご覧下さい。

The翻訳プロフェッショナル V15 の場合
The翻訳プロフェッショナル V15 専門辞書パックの場合
The翻訳プロフェッショナル V15 特許エディションの場合

Q. 英語Windows上で使えますか?

A. 使えません。

また、英語Windows上で日本語を使えるようにした環境でも使えません。
また、日本語Windows上でWindowsの言語を「日本語」以外にした環境でも使えません。

Q. Mac版はありますか?

A. ありません。

このページのトップへ
Copyright